お取引周辺企業様紹介の記事一覧

京阪電車「古川橋駅」南口から歩いて約6分くらい、並木通りの右手に「シャ・ノワールカフェ」さんがあります。

黒猫(Chat noir)がトレードマークの「シャ・ノワール」さんがオープンしたカフェなのです。

フランス語で「シャ」は猫、「ノワール」は黒。

ヨーロッパでは、幸福を呼ぶと言われている黒猫が、シャ・ノワールさんの目印なのです。

知ってました・・・・・?。大東市に本店があって、かなり有名ですから。


アーリーアメリカン調の店内は、クラシックな雰囲気で、ボックス席やバーカウンターもあります。

シャ・ノワールカフェならではの、創作メニューが頂けるのですから、ランチもスイーツも大満足!

ランチタイムには、若い奥様方…
京阪電車「古川橋駅」から南へ歩いて7分くらい、右手にボウリングのピンが見えます。

ここがB-lax。日本国内では、ちょっと珍しいラウンジ&バーのあるボウリング場なのです。


B-laxの1Fボウリングフロア内にあるラウンジでは、野球、サッカー、ラグビー、モータースポーツ等その時々の

話題のスポーツを観戦しながら、お酒を飲んだり、お食事をしたり、もちろんボウリングも楽しめます。

ボウリングをしなくても、スポーツバーでみんなと盛り上がるだけでもOKです。

ダーツも出来るよ!


B-laxならではの、映像や音響・照明などの空間演出は、その場に居るだけで、ワクワクどきどき

楽しくさせてくれること間違い無しです。
京阪電車「古川橋駅」から南へ歩いて3分くらい、小さな公園の東側に、こんなところに・・・・・と思う

ところに、本格レストラン「紫山本館」と「紫山ANNEX」が上質な趣でたたずんでいるのです。


店内は、ゆったりと落ち着いた雰囲気で、本格的なフレンチや中華料理、イタリア料理など200品を

超えるメニューが取り揃えられています。

あなたも、シェフ自慢の和洋折衷コースを味わってみてください。


地元で愛され続けて約20年、フレンチと中華からスタートした「紫山」は、お客様の要望に応えながら

和食、イタリアンなどジャンルを増やしてこられました。

だから、何度行っても飽きない、世界各国の味覚が楽しめるのです。
京阪電車「古川橋駅」より、南へ歩いて10分くらい、国道163号線「試験場入口」交差点の北西角にある

リサイクルショップ 良品買館 門真店さんにおじゃましました。


店内は、約100坪と良品買館他店に比べると、小ぶりなお店ですが、ブランド品、高級時計、貴金属は、

地域最大級の品揃えで、専門性を追求されています。

ブランド品、貴金属の商品点数は、常時1500点以上を取り揃えておられます。

ブランド品(特にルイヴィトン)、高級時計(特にロレックス)、貴金属(金・プラチナ他)は、

買取・販売とも力が入っています。

例えば、ロレックスなら、販売価格で、5万円~100万円台までいろいろ在りましたよ。
京阪古川橋駅南口のイオン古川橋駅前店の西側に、この春(2016.4.11)にオープンしたばっかりの

海鮮居酒屋・魚河岸屋本家古川橋店さんがあります。

店に入るとすぐに水槽があり、鱧(はも)や鮃(ひらめ)が泳いでいます。

魚河岸の名の通り、魚の新鮮さにはこだわっています。


メニューは、魚介を中心にたくさんあり過ぎるくらいあるから、これもうれしいですね。

先ずは、「お造り」・・魚河岸造り盛り980円(安い!おすすめです)、もちろん単品のお造りもいろいろあります。

次に、「七輪焼き」・・七輪焼きセット980円、かんてき(昔関西では、七輪のことをこう呼びました)に

炭火で魚介類を焼いていただきます。これは、うま過ぎ…
京阪古川橋駅南口すぐのところに、威風堂々と建つビルに、日本料理仙亭さんがあります。

四季を盛り、茶心でもてなす京阪随一の名亭。

豊潤な季節の幸に華やぐ宴、このうえない口福を求めて・・・・。やってまいりました。


先ず、エスカレーターで2階へ、さらに中央階段で3階へ、3階には、受付ロビーと重厚な趣の

喫茶・レストラン「ヘスティア」もあります。

5階から8階は、茶室や大宴会場を含め、大小のお部屋が用意されています。

お招きする人数に合わせたお座敷や椅子席のお部屋で、心に残る思い出にふさわしい一時が

そして、すこし贅沢な一時を過ごせるに違いありません。



■メニューの一部を、紹介しておきましょう。

お昼の懐石は、5000…
京阪古川橋駅前のイオン古川橋駅前店のすぐ南側にあるビルの2~4階が「NSI古川橋スポーツクラブ」です。

NSI古川橋スポーツクラブは、Smile(笑顔)Skill(技術)Story(物語)

「我々は皆様の【笑顔】を生むために、日々【技術】【提供】の向上を行い
              最高のフィットネスストーリーを考えてまいります。」 って

素晴らしいじゃあないですか・・・

日頃運動不足の皆様方、頑張り所ですよ!



ベビーからジュニア、ミドルからシニアまで、いろんなレッスンプログラムが用意されています。

先ず、■プールプログラムでは

「ベビークラス(4ヵ月~3歳)」「スマイルクラス(1歳6ヵ月~5歳)」「幼児・小中学生クラス」

「ジュニアク…
「うっふぷりん」の「うっふ」ってフランス語の[タマゴ]ouef(ウフ)に由来してるってしってました?

知らなかったんです、私も、「うっふん」「ぷりん」って思っていました。

違うのですよ!

フランス語!

お菓子の原点である、タマゴのように基本を大切に手作りで、この美味しいぷりんがつくられているのです。

こだわりのぷりんは全部で10種類以上、定番商品から季節で変わる限定商品まで

いろいろと心をこめて作られた美味しいぷりんがあります。

全部食べてみたい・・・

笑顔になれるぷりん♪それがうっふぷりんです☆



■夏季限定 「ぷりんソフト」
 ぷりん味のクリームにカラメルソースがかかっています。

■ご家族でたべるにはメガサイズもおす…
古川橋でかなり有名だった、インド料理店 「ガナパティ」 で16年間シェフをされていた

ラケス・バニューニさん が新たにオーナーとして出店いたしました。

店名は変わりましたが、こだわりの味は、変わらない美味しさです。

OPEN後に訪れたお客様からも『味が変わらなくて安心しました。』と喜びの声もあるそうです。

同じシェフが作ってますからね


ラケス・バニューニさんは、インド北部の自然に恵まれた地方都市 デヘラドゥーナ 生まれ。

日本にやってきて16年の優しさ溢れるオーナーです。いい人感が凄い!

もう16年の日本生活で、大阪弁です(笑)


店内は、香辛料の匂いで充満していて、入店と同時にヨダレがでそうな感じです。

インドの分陰気た…
京阪古川橋駅から歩いて3~4分のところ門真市ルミエールホール手前に、和菓子の松屋本店さんがあります。

今日は、この店一番のおすすめ、かどま銘菓「はすね最中」をいただきました。

かたちが面白く、れんこんを輪切りにした様な最中です。


歴史を遡りますが、私も知らないその昔、門真市の国道163号線の周辺は、一面にれんこん畑が広がっていたそうです。

最近は随分と(非常に)少なくなりましたが、門真蓮根(れんこん)は今でも有名ブランドです。


「はすね最中」は、昔の風情や、情緒に思いをはせて、新しい時代の波におされて、今はめっきり少なくなった蓮根(れんこん)畑・・・ 

その名残を「はすね」にたくして大切に育てられた銘菓で…
京阪古川橋駅、南口のロータリーに面した仙亭さんのビル4階に、教室がございます。

教室では、3才児からピアノと、エレクトーンのレッスンが受けられます。

やっぱり、音楽は幼児期から始めたほうがいいそうです・・・


ヤマハ音楽教室としての歴史は古く、教室を開いて50年近くなるそうです。

運営されているのは、北河内で有名な大東楽器さんです。

(私も、ウクレレを大東楽器さんで買いました。親切丁寧なご対応でまた行きたいわ♪)


レッスンの一部、コースをご紹介!
■おんがくなかよしコース(3歳) 月3回/50分 レッスン料 ¥5,400
イメージを広げながら音楽と触れ合い豊かな表現力を養います。

■幼児科コース(4・5歳) 週1回/60…

探す!

賃貸物件検索

エリアから探す
沿線から探す

会社概要

  • アパマンショップ住道店 店頭写真

    アパマンショップ住道店

    ↑JR片町線
    住道駅 徒歩3分

    〒574-0041
    大阪府大東市浜町8-20
    TEL 072-875-0002
    FAX 072-874-3766
    大阪府知事(13)第10658号

    ◆営業時間
    平日(土含む)
    AM10:00~PM7:00
    日・祝
    AM9:00~PM7:00

    ◆定休日
    第一水曜日
    年中無休(お盆・年末年始は除く)

    ◆理想のお部屋探しをお手伝い致します!

  • 画像リンク

注目情報♪

  • 説明画像

    小枝不動産 × アパマンショップ住道店

    第4弾!2015年8月15(土)出演予定 土曜はダメよ!
     『YOUが好きそうな家』
    第3弾!2014年9月6(土)放送出演 土曜はダメよ!
     『想像のはるか上を行く家』
    第2弾!2014年3月1日(土)放送出演 土曜はダメよ!
     『貸す気、満々の家』
    第1弾!2014年2月15日(土)放送出演 土曜はダメよ!
     『どうしても入りたくなる家』

  • 画像リンク